スキンケアをしている女性

トレチノインはビタミンA誘導体で、もともとはニキビのための治療薬でした。もともと体内に存在している物質のため、アレルギーなどは起こさないと言われていて、現在ではシミやシワなどを改善する効果があると言われていてとても人気です。皮膚科などで処方を受けたり、個人輸入などで購入して肌ケアに利用している人も増えてきました。
しかし、医師の処方を受けずに自分でケアをする人が増えていることもあり、使用の仕方を間違えて、トレチノインを使用することで逆に肌トラブルが発生してしまうこともあるのです。
トレチノインは肌のターンオーバーを促進する働きがあります。通常、人間の肌は肌の内部からだんだんと上に押し上げられていき、古い角質が肌の表面に来て、外気や細菌などから肌を守っています。寿命が来ると肌から垢として剥がれ落ちていくのですが、そのサイクルは28日~56日と言われています。
そのサイクルが長すぎたり短すぎることでトラブルを引き起こします。シミ治療にトレチノインを利用する場合、新陳代謝をスムーズにすることで肌の内部に存在するメラニンを押し出してしまうのですが、ターンオーバーを過剰に促進させすぎると、まだ未熟な肌が肌の表面に出てくることで、肌質によっては炎症やほてり、皮がむけて赤くなる等の症状が出てくることがあります。
また、肌の新陳代謝を加速させているため、紫外線の影響を非常に受けやすくなっています。紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めなどを使用するようにしましょう。
また、ケアのし過ぎで肌表面の角質層が薄くなってしまうことで肌の保水力が衰え、乾燥肌になったりちりめんジワのできやすい肌になってしまうこともあります。
使用上の注意をしっかり守って、肌トラブルが起きないように注意しましょう。

記事一覧
美白関連の医薬品は危険ではないのか 2019年09月13日

欧米などに旅行すると、どんなに現地になじんだいでたちであろうと、日本人女性は一目瞭然に分かります。それはなぜかというと、紫外線対策の仕方が徹底しているからにほか...