• ホーム
  • 美白関連の医薬品は危険ではないのか

美白関連の医薬品は危険ではないのか

スキンケアをする女性

欧米などに旅行すると、どんなに現地になじんだいでたちであろうと、日本人女性は一目瞭然に分かります。
それはなぜかというと、紫外線対策の仕方が徹底しているからにほかなりません。
諸外国では、たとえ色白の白人であっても、日本人のようにUVを塗り込んで日傘を差し、UVウェアを着て手袋をはめ、などという女性はほぼ皆無です。
それくらい日本人にとって美白は至上命題のようでもあります。
そのためか、美白関連の医薬品などにまつわるトラブルなどの報告も時々あるようで、しっかりと知識を持っておきたいものです。
そもそも医薬品と化粧品の違いは何かと言うと、早い話、効果効能を謳うことができるか、それに尽きます。
この場合には美白関連ということなので、美白効果が厚生労働省により認められ、医薬品としての許認可が下りたということになるわけです。
どういうことかというと、医療に使うことができる程度の効き目があるということで、それだけ成分の濃度が濃いということになります。
おのずと、正しく使う方法を知らなければ危険なことも十分起こり得ます。
それが医薬品の医薬品たる所以です。
トレチノインという成分はビタミンA誘導体であり、皮膚のターンオーバーを促進することで、美白効果の認められているハイドロキノンの効果をより高めます。
このトレチノインは日光による皮膚へのダメージを改善するなど、肌の再生を促す作用もあり、シミやシワなどの改善薬として、アメリカのFDAから認められています。
FDAといえば日本の厚生労働省のような機関であり、いわばお墨付きというわけです。
さてそうなると、残念ながら肌全体のバリア機能を低下させ、炎症などのトラブルといった副作用の懸念もあります。
トレチノインは効果が高いだけに、医師の指示を聞き、慎重に使う必要があります。