• ホーム
  • トレチノイン療法やレーザー脱毛器処理は紫外線に注意

トレチノイン療法やレーザー脱毛器処理は紫外線に注意

シートマスクを使用ながらスマホを見る女性

最近、よりレベルの高い美しさを求めて、エステサロンではなく、美容外科クリニックや美容皮膚科といった医療機関を利用する女性が急増しているようです。
この長らく続く不景気の時代において、大切なお金は有意義に使いたいと考える女性も多く、美容につぎ込む投資も、確実性を求める方が増えており、エステサロンのように癒しでごまかされるのではなく、目に見える結果を手にするために、現代の美容治療を選択する女性が増えているようです。
そんなクリニックで、今とても注目されているメニューは、医療レーザー脱毛器を使用するムダ毛処理と、肌再生を可能とするトレチノイン療法です。
脱毛ケアは一昔前まではエステサロンが主流でしたが、価格破壊に伴って効果の低さが指摘されるようになると、永久的な効果が出せる医療レーザー脱毛器による施術が注目されるようになりました。
エステの脱毛器では体毛を薄い産毛のように変化させられるだけで、それほど高い効果は望めません。
予定していたお手入れ回数を超えてもまだ処理出来ないといったクレームも多く、途中から医療脱毛に切りかえる女性も増えているようです。
トレチノイン療法は、主に顔全体に広がったシミ治療に使われていますが、お肌のターンオーバーを活性させるので、一皮むけたような美肌が手に入ります。
しかしトレチノイン療法もレーザー脱毛も、医療治療でもあるので、治療中は特に紫外線には気を付けることが必要です。
トレチノインを使うと肌は薄くなるので、紫外線の影響をもろに受けてしまうため、完璧な紫外線対策とともに強力な美白剤も使ってケアしていきます。
脱毛処理中もお肌はかなり敏感になっているので、日焼けしないように十分気を付けましょう。