• ホーム
  • トレチノインに近い成分は存在するのか

トレチノインに近い成分は存在するのか

シートマスクを使っている女性

トレチノインは、正式にはトレチノイン酸といい、オールトランスレチノイン酸と呼ばれることもある物質です。
これはビタミンAの一種ですが、一般的なスキンケア化粧品によく配合されているようなビタミンAよりも50倍から100倍もの効果があるとされています。
それはトレチノインがただのビタミンAではなく、ビタミンAの誘導体だからです。
ですから、効果的には、レチノールのようなビタミンAの成分はトレチノインと似た成分だということができますが、その効果のあらわれかたには大きな差が出来てくるということになります。
そして、トレチノイン自体もビタミンAの仲間ということで、わたしたちのカラダにも身近ですし実際に血液の中にも少し含まれている成分です。
よって、ビタミンAに近い、ほぼ同じともいえるトレチノインなら使用してもひどいアレルギーを起こすこともなく、安全に使用することができます。
そして、そんなトレチノインとセットでよく聞かれるのがハイドロキノンという成分ではないでしょうか。
なぜハイドロキノンがよくセットのようにして使用されているのかというと、ハイドロキノンは成分が近いというよりは、一緒に使うことで効果をアップさせてくれる存在といえます。
トレチノインという成分は、メラニンが作られてしまっていてもそれの排出を助けてくれますし、ハイドロキノンはこれからメラニンが生産されていくのを防いでくれる効果があるので、これらをセットで使うことによって、メラニンをゆるさずまったくシミのないきれいなお肌にしていけるという効果が得られrます。
このように見ても、この種の治療をしたいならば塗るタイプの治療法としては最高レベルだといえます。